その他の会合
更新2021.10.14
事務局の判断で、会員への情報提供を目的として、当ページにこのサイトの管理者が掲載することもある。

関連の研究集会
2021年
1月26日(火)
協賛 シンポジウム:細胞アッセイ技術の現状と将来 オンライン開催
【主催】細胞アッセイ研究会
2月1日-14日 協賛 日本バイオインフォマティクス学会(JSBi)
2020年度バイオインフォマティクス技術者認定試験

全国の指定登録会場
3月10日(水)    第2回TARA国際シンポジウム: クライオ電子顕微鏡の最先端オンライン開催
【主催】筑波大学・生存ダイナミクス研究センター(TARA)
6月5日-6日 協賛 日本コンピュータ化学会2021春季年会オンライン開催
【主催】日本コンピュータ化学会(SCCJ)
7月12日(月) 第3回幹細胞情報学研究イニシアチブ研究会「単一細胞空間生物学の新展開」 オンライン開催(Zoom Webinar)
【主催共催】日本バイオインフォマティクス学会
7月14日-9月29日
毎週水曜日
17:00~18:30
AMED-BINDSオンラインセミナー「(全10回 連続講座)インシリコ創薬の基礎と実践」
ZOOMによるオンライン開催
【主催】創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム(BINDS)
8月30日-31日 蛋白研セミナー:Antibody engineering with AI towards next generation drug discovery オンライン開催
【主催】大阪大学・蛋白質研究所
9月18日-19日 後援 第5回 黒潮カンファレンス「異分野融合によるグローカル創薬研究」
シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(三重県伊勢市)およびオンライン(ハイブリッド開催)
9月27日-29日 後援 2021年日本バイオインフォマティクス学会年会・第10回生命医薬情報学連合大会(IIBMP2021)オンライン開催
【主催】日本バイオインフォマティクス学会(JSBi) 、日本オミックス医学会
10月6日-2022年2月2日
毎週水曜日
17:00~18:30
企画協力 遠隔インタラクティブ講義「計算生命科学の基礎8」
神戸大学計算科学教育センター
10月28日 第1回城西国際大学 杉山研究室公開シンポジウム「定量的薬物速度論;非線形動態、薬物間相互作用、個人間変動の解析への応用」
オンライン開催    参加申し込み用紙(10月15日〆切)
11月2日-3日 協賛 日本コンピュータ化学会2021秋季年会
筑波大学計算科学研究センター(ハイフレックス開催)
11月12日-13日 後援 日本動物実験代替法学会 第34回大会
沖縄科学技術大学院大学(OIST)およびオンライン(ハイブリッド開催)
11月18日-19日 協賛 第49回構造活性相関シンポジウム オンライン開催
【主催】日本薬学会構造活性相関部会
12月1日-14日 協賛 日本バイオインフォマティクス学会(JSBi)
2021年度バイオインフォマティクス技術者認定試験

全国の指定登録会場
12月3日(金) 後援 第7回ゼブラフィッシュ・メダカ創薬研究会
シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢およびオンライン(ハイブリッド開催)
12月9日(木)    国際シンポジウム:The MPS (Microphysiological Systems) World Summit
SYSTEMS ENGINEERING OF MICROPHYSIOLOGICAL SYSTEMS   投稿募集
2022年
1月25日(火)
協賛 シンポジウム:細胞アッセイ技術の現状と将来 オンライン開催
【主催】細胞アッセイ研究会
5月20日-6月3日 国際シンポジウム:The MPS (Microphysiological Systems) World Summit (ハイブリッド開催)
【会場】HILTON NEW ORLEANS RIVERSIDE
9月13日-15日 後援 2022年日本バイオインフォマティクス学会年会・第11回生命医薬情報学連合大会(IIBMP2022)
【主催】日本バイオインフォマティクス学会(JSBi) 、日本オミックス医学会

»過去の履歴
共催・協賛・後援の詳細と申請方法について
共催: 共同開催の略称であり、他学会と共同でシンポジウムなどを開催する場合。
  »会合の事務局や経費負担、企画立案等を共同で行う。
協賛: 他学会、他研究講演会などの趣旨に賛同し、表明する場合。
ただし、CBI学会への経費の負担を求めないこと。
  »協賛する学会等のポスターやチラシなどの案内に「協賛:CBI学会」の表記を承認し、CBI学会でもHPでの案内およびメーリングリストを用いた情報配信を行う。メーリングリストの文面は依頼の学会等の意向を考慮するが、配信タイミングはCBI学会が決定する。
後援: 協賛と同等。
  »CBI学会としては「協賛」と「後援」の区別はせず、依頼の団体の意向に沿って決定する。
<申請方法、および、受け付けるか否かの判断>
  • 1.CBI学会役員の推薦あるいは承諾をえて、事務局にメールで申請する。
  • 2.協賛、後援については、会長または事務局担当理事の承諾を原則とする。

» page topへ戻る