CBI学会からのおしらせ
CBI学会2020年大会「科学実験の自動化が拓くAI 時代の創薬研究」
  会期:2020年10月27日(火)~10月30日(金) 大会は盛況のうちに終了いたしました。
  大会長:夏目 徹(産業技術総合研究所創薬分子プロファイリング研究センター)
  実行委員長:石原 司(産業技術総合研究所)
2020.4.30
CBI学会2021年大会
「デジタルトランスフォーメーションで目指すライフサイエンス革命~AI駆動型の創薬戦略~」
  会期:2021年10月26日(火)~10月28日(木) オンライン開催(予定)
  大会長:奥野 恭史(京都大学大学院医学研究科)
  実行委員長:中嶋 久士(株式会社エクサウィザーズ)
  副実行委員長:嶋田 朋嘉(第一三共株式会社)
2020.11.17
若手の会 設立
2018.8.14
求人情報が更新されました。(シュレーディンガー株式会社)
2020.11.6

講演会の申し込みは、いったん「定員〆切」となっても、キャンセルがあった場合は「受付中」に戻ります。ご確認ください。
第419回CBI学会講演会   2020.7.3
  「もっと見たいホントの姿-蛋白質の結合電子構造,相互作用,動的挙動」
    2021年1月22日(金)  WEB配信によるオンライン開催
第420回CBI学会講演会   2020.10.16
  「創薬で活躍するオープンソースソフトウェア ~開発から研究現場への普及まで~」
    2021年2月5日(金)  WEB配信によるオンライン開催
第421回CBI学会講演会   2020.12.21
  「クライオ電子顕微鏡は創薬研究戦略を変えるか」
    2021年3月5日(金)  WEB配信によるオンライン開催
【講演会に申し込んだかどうか分からない場合】
https://m4.members-support.jp/CBI/  からログインして「講演会・研究会・大会情報」の「講演会・大会参加申込状況照会」をクリックすると、登録済みの会がリストされます。

CBI学会出版 Amazonより新規書籍を出版しました  2019.5.4
CBIジャーナル(投稿には、Editorial Managerを使用しています) 2021.1.18
<論文掲載料改訂>2021年4月1日投稿分より基本料金がCBI学会会員も無料ではなくなります。
<論文の種類>新たにModel Repositoryが追加されました。
<論文公開2020.9.30>
Estimation of relationships between chemical substructures and antibiotic resistance-related gene expression in bacteria: Adapting a canonical correlation analysis for small sample data of gathered features using consensus clustering    Tsuyoshi Esaki, Takaaki Horinouchi, Yayoi Natsume-Kitatani, Yosui Nojima, Iwao Sakane, Hidetoshi Matsui
<論文公開2020.9.11>
Skin sensitizer classification using dual-input machine learning model    Kazushi Matsumura
CBI学会誌 2020年第8巻第4号公開しました  2020.12.15

CBIのホームページのURLは下記の通り変更いたしました。
変更前:http://cbi-society.org → 変更後:https://cbi-society.org
** CBI学会は以下の企業によって支えられています **



J-STAGE論文公開

最新版


 

CBI学会の公式FaceBookページです

フォローお願いします
広告バナー募集中!
お申込みは
こちらから